Japan

皮膚の下に入り込む寄生虫でかゆみや腫れの症状 青森で増える | NHK



青森県で、皮膚の下に寄生虫が入り込み、かゆみや腫れなどを引き起こす「顎口虫(がっこうちゅう)」による症状を訴える人が確認されました。多くはシラウオを生のままで食べていたということで、青森県は、淡水魚を食べる際は加熱するよう注意を呼びかけています。



Source link

Back to top button